忍者ブログ
通り過ぎていく日々の残像。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年に一度有志で旅行会に行く集まりがありまして、昨年含め何度か行けなかった年もありつつ今年でもう15年目。
今回は伊東温泉に行ってきました。昭和の温泉レジャーホテルの雄・ハトヤです。

ちなみに一定の年齢層以上ならご存知かもしれない「魚も泳ぐ千石風呂」でおなじみ海底温泉や「三段逆スライド方式」でおなじみ大漁苑はあとから海沿いにできた系列ホテル、サンハトヤの施設。
我々が宿泊したのは山側にあるハトヤ消防隊でおなじみハトヤホテル。通は「山ハトヤ」、「海ハトヤ」って呼び分けるらしい。

ハトヤ>http://www.hatoyahotel.com/
サンハトヤ>http://www.sunhatoya.co.jp/

この旅行会ではすでに3度目の来訪だったりもするのだがまあそれはそれ。
湯に浸かって酒呑んでちょっと遊んで、で満足でした。野暮用で1泊だったのが惜しまれるところ。
PR
春色でちょっとキメて覚王山日泰寺参道へ、覚王山の春祭りを冷やかしに行ってきた。

芸術家の街でもあり、出店もとても個性的で見てるだけでも楽しい。絵葉書買ったり。
カホン売ってたけど持って帰れんので諦めた。やってみたい楽器なんだけどねえ。
yaotomiさんの覚王山バーガーもさることながら、同じく「名美食」ブランド、覚王山のパティスリー・リュンヌさんのおからすくもうまかった。


…もんでおからすくを土産がてら買って名城公園に移動。名古屋EJFのみなさんとの花見。
風が強く肌寒かったのがなんだけども、今年もここの桜を見ることができたのはありがたいことでね。
お客さんもそれなりに入っとったような。

しかし花より団子は否定するべくもなくスパークリングワインなどちびりと呑んどりました。夕刻からの用事考えるとあまり呑めんかったもんで、ビールがすすまない気候なのはよかったかも。
さらに言うなら花より下の花(?)、がここの花見。絶場四光喰らうなどして80貫負けたけどドベじゃなかった。

夕刻名駅でちょっと用事ののち、再度合流して美濃路で心おきなく呑んだのは言うまでもなく。
なんならそのあと女子大小路でも呑んだけど。
清須にあるスーパー銭湯『湯吉郎(とうきちろう)』に行ってきた。
http://www.toukichirou.com/

日曜の昼だけあってかなり客入りはいい。

その名の通り秀吉の出世譚に擬えた各種の湯はネーミングも含めてどれも楽しい。
洗い場のシャンプー・ボディソープは香りつきのものが多数あって、種類が豊富なのも地味ながらいいところ。

湯上がりには金城町に本店のある「豚そば ぎんや」支店でラーメン…に行かずにもちろんビールとつまみのセット。つまみに出るメンマがまたうまい。

混む時間帯だと車の入退場に難儀しそうなのが惜しいが、名駅からも近いし、屋外からは名駅の高層ビル群が見えたりして人気も頷ける。夜景もきっと奇麗なのだろう。
人生には時々広い風呂につかる時間が必要。再訪したい。
世界の山ちゃんでおなじみエスワイフードで、月に1回新栄の本社ビルで朝市をやっているというので行ってみた。

普段は新メニュー社内試食会などをやっている1階のキッチンを開放して、社でやっている農場の野菜などを売ったり、近隣のお店が出店したりしている。もちろん、手羽先や味噌串カツ、豚汁なども食べられる。

そして何よりあのイラストのモデルになったテレビでもよく見かける会長や、その弟である社長自らが野菜を並べたりお客さんにご挨拶したりしていたのが印象的。
おにぎりと豚汁に味噌串カツで朝食と洒落込み、さらに池下の有名なパン屋・コルクが出ていたので昼食用にパンを買って帰った。

アットホームなイベントで非常に楽しかった。また行きたい。
HOME
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:宮西高蔵
性別:非公開
banner
残像
最新記事
アーカイブ(full)
2012年
10月 / 9月
8月 / 7月 / 6月 / 5月
4月 / 3月 / 2月 / 1月
2011年
12月 / 11月 / 10月 / 9月
8月 / 7月 / 6月 / 5月
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 残像 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]